BLOG

ブログ

訳あって歩数計を買うことになったけど(使い方が分からない)

いろいろ

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

先日、友人からこんなLINEメッセージが届きました。

 

 

「オキャクサンオキャクサン」

歩数計ホシクナイ????

(※ほぼ原文ママ)

 

 

絵画を高額で売り付けてきそうなメッセージだったので

我が友ながら「何事???」と思っていたのですが、

聞けば某アニメコラボの歩数計が発売されるとのこと。

 

2個以上で送料無料になるそうなので、深く考えず

「いいよ~」と希望の絵柄を伝えたまではいいのですが、

その後、筆者はとある疑問にぶつかってしまいました。

 

歩数計っていったい何に使うのさ?????

 

歩数計とか今までに一度も使ったことない

「いや・・・歩数を数えるんじゃないの・・・?」と

思うかもしれませんが、これ3000円するんですよ。

コラボじゃない、ノーマルの商品でも2700円。

歩数を計るためだけに世間は2700円出すの?本当に?

 

・・・と思った筆者は、歩数計の真の使い方を知るべく、

アマゾンの奥地へと向かったWikipedia先生のもとを訪れた・・・。

 

 

歩数計 – Wikipedia

==============================

歩数計(ほすうけい)は、歩数を数える機械。

==============================

 

 

\ せやな~♪ /

 

「歩数計が実用化されたのは1780年」という雑学を仕入れつつ、

(ポケットピ●チュウとかあったなオイ・・・懐かしいなオイ・・・)

求めていた情報はなかったため、再びインターネットの荒波の中へ。

 

以下、調べて分かったことと筆者が感じたことをご紹介します。

 

世間にとって一般的な歩数計の用途

・歩数計は“目的”ではない

冷静になって考えれば分かることなんですが、

歩数計は運動不足を解消するための“サポート用品”。

「せっかく買うんだから使わなきゃ」と思っていましたが、

そもそもの前提から世間とのズレがあったようです。

(まあ、今回の場合は“買うこと”が目的なので、間違ってはないんですが・・・)

 

・モチベーションの維持につながる

「今日は何歩歩いた」と数字になってあらわれることで、

個人差はあるものの運動を続けるモチベーションになるようです。

歩数計は、運動におけるメンタル面のサポート用品というわけです。

 

・旅先で使うとおもしろいかも?

これは、歩数計を遊びに使うためのアイデアの一つとして。

 

体力をつけるための体力がないのが悩みです

結論:歩数計は歩数を計るための物。それ以上でもそれ以下でもない。

 

というわけで、せっかく買った歩数計をインテリアにしないためにも、

隙を見ては歩く機会を増やしていこうかと思っています。

舞台版で推しが演じたキャラの絵柄にしたから、推しに負けない体力がつくまで・・・

いや無理だわ・・・元アメフト部には勝てんわ・・・アラサー再起不能になるわ・・・

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村