BLOG

ブログ

“それっぽい”読書感想文の書き方

いろいろ

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

あッッッッつい!!!!!

(※朝、家を出た瞬間の筆者の心の叫び)

 

暑い日が続いておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

夏になると、塾講師のアルバイトをしていた頃を思い出します。

来るんですよね、「宿題教えてくれ」というヘルプが・・・。

 

なかでも厄介なのが読書感想文

「ライターなんだから、さぞかしお上手なんでしょうね?」

と思われるかもしれませんが、筆者は子どもの頃から物事に対して

あまり感想をもたないタイプだったので、かなり苦手でした。

しかし、あろうことか塾で受け持っていた科目は国語。

読書感想文のアドバイスを求められて、答えないわけにもいきません。

 

というわけで今回は、筆者が生徒たちに伝授してきた

「それっぽい読書感想文の書き方」をご紹介します。

小中高生のお子さんをおもちの方も、ぜひ参考になさってください。

 

そもそも、読書感想文って何を書けばいいの?

読書感想文全国コンクール公式サイト

を見てみると、こんなQ&Aが掲載されています。

 

===================================

なぜ本を読むことが大切なのかな?

 

一冊の本が、人生を変えてしまうことがあります。

(中略)

本は、人の心を成長させてくれ、いろいろなことを教えてくれる友だちです。

===================================

 

===================================

何をどう書けばいいか、全く分かりません。

 

本を読んで自分がどこに感動したのか、なぜ感動したのかを考えましょう。

(中略)

書き終わった時には、それまでとはどこか少し違った自分に

なっていることに気づくはずです。

===================================

 

この2つのQ&Aから、読書感想文に求められているのは、

本のどこに感動し、自分がどう変わったか」という内容だと分かります。

 

しかし、本当に「何をどう書けばいいのか分からない」と思っている人は、

「自分がどこに感動したのか分からない」と思っているのではないでしょうか?

 

そういうとき、本のなかから感動できる部分を無理に探す必要はありません。

感想を書くコツは、「なぜ?」「どうして?」という疑問をもつことです。

 

自分が思ったことに容赦なく疑問をぶつけていく

 

 

では、ここからは芥川龍之介の『トロッコ』を例に考えてみましょう。

https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/card43016.html

私は中学生のときに国語の教科書で『トロッコ』を初めて読んで、

主人公(良平)のことをバカだと思いました。今でもバカだと思っています。

ですが、「良平はバカだと思いました」だけでは感想文になりません。

つまり「なぜ良平をバカだと思ったのか」を考える必要があるのです。

 

もう一度読み返して、バカだと思ったポイントを挙げてみました。

 

・トロッコを押すのに夢中になり、遠くまで来過ぎてしまったこと。

・「もう帰ってくれれば好い」と思っているのに、

 土工に「われはもう帰んな」と言われるまで自ら帰ろうとしなかったこと。

 

さらに、この2点についても「なぜ?」という問いをぶつけてみます。

 

・トロッコを押すのに夢中になり、遠くまで来過ぎてしまった。

→なぜトロッコを押すのが楽しかったのか?

=工事を見物に行ったとき、トロッコで土を運搬する様子が面白いと思ったから。

=「土工になりたい、せめて土工と一緒にトロッコに乗りたい」と思っていたから。

 

・「もう帰ってくれれば好い」と思っているのに、

 土工に「われはもう帰んな」と言われるまで自ら帰ろうとしなかった。

→なぜ自ら帰ろうとしなかったのか?

=土工と一緒にトロッコに乗って帰れると思っていたから。

 

2つの「なぜ?」をもとに導き出した答えから、

「良平には、トロッコと土工に対する“あこがれ”があった」と分かります。

 

何度も読み返すことで、新たな観点が見つかる

そして、良平のバカなところを探して何度も読み返しているうちに、

良いところもあるということに気づきました。

===================================

良平は殆ど泣きそうになった。

が、泣いても仕方がないと思った。泣いている場合ではないとも思った。

===================================

真っ暗な夜道を、たった一人で歩いて帰ることになった良平の心情です。

 

さらに、「なぜ?」という問いのぶつけがいがある描写も見つけました。

『トロッコ』の最後を締めくくる文章です。

===================================

良平は二十六の年、妻子と一しょに東京へ出て来た。

今では或雑誌社の二階に、校正の朱筆を握っている。

が、彼はどうかすると、全然何の理由もないのに、

その時の彼を思い出す事がある。

全然何の理由もないのに?

――塵労に疲れた彼の前には今でもやはりその時のように、

薄暗い藪や坂のある路が、細細と一すじ断続している。…………

===================================

 

以上を踏まえて、実際に感想文を書いていきます。

 

「なぜ?」が多いほど、良い読書感想文になる

字が小さくて読みづらいのは分かっている。(修正する気力もない)

 

このように、

1.「なぜ?」「どうして?」と思ったポイントとその答え

2.それに対して自分の体験談などを絡める

3.「読書を通じて自分がどう変わったか」を盛り込む

以上3点を押さえておけば、それっぽい感想文を書くことができます。

 

あと、原稿用紙のルールをきちんと守ること!

これはね、分からなければ学校の先生に聞いてください!!

 

それから、「これパクって提出したろ」とか思っている不届き者!

上の画像は

・最後の最後で一番肝心なところを割愛している

・全体的に内容をわざとスカスカにしている

・そもそも教科書に載っている作品はNGの場合が多い

ので、あとで大変なことになっても責任とらないぜ!頼むぜ!

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村