真夏の編み物

いろいろ

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

今年の3月頃、かぎ針編みに再びハマってしまった筆者。

それからティッシュカバーを編むなどして遊んでいたのですが、

夏に編める物なくない…?」という理由で休んでいました。

 

しかし調べてみると、夏こそ編みたい物がたくさんありました。

今回は2冊の書籍と1つのアイテムをご紹介します。

 

『毛糸だま』(日本ヴォーグ社)

年4回発行されている、編み物専門マガジンです。

もちろん夏号も発行されます。今年の特集はこんな感じ。

毛糸だま 2019年夏号 vol.182: 本 | 手づくりタウン 日本ヴォーグ社

個人的には「フェイク白樺編み」がめちゃくちゃ気になります。

セーターにしたら、うっかり丸太みたいになるんでしょうか?

(と思いきや、バスケット編みのことを白樺編みというらしい。なーんだ…)

 

『エコアンダリヤの帽子』(誠文堂新光社)

木材パルプを原料とする「エコアンダリヤ」で作る帽子が

37作品も紹介されています。5月10日に発行されました。

株式会社誠文堂新光社 / エコアンダリヤの帽子

定番デザインや親子ペア、余り糸で作るヘアアクセサリーなど、

夏のコーデに使いたくなるアイテムが多数掲載されています。

 

ウイスター(藤久株式会社)

「クラフトハートトーカイ」などの手芸店を展開している

藤久株式会社から発売されているオリジナル毛糸です。

今年は春夏向けとして3種類の毛糸が発売されています。

Wister(ウイスター)2019 新作春夏毛糸 | クラフトタウン

コットンヤーン(右端)はこれからの季節にぴったりですね!

 

結論:夏でも編み物はできる

編み物といえばもこもこのあたたかい毛糸をイメージしますが、

最近はいろいろな素材で作られた毛糸が発売されているため、

編み物は年中楽しめる趣味として進化しているようです。

 

というか、一通り調べてみて気づいたのですが、

冬に使うブランケットなどを今から編み始めればいいのでは…?

 

・・・・・・解散!!

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村