やっぱり気になる西利の京漬物寿司

いろいろ

こんにちは!大阪市でWEB制作をしているエンジョイワークスです。

 

 

 

西利の京漬物寿司が食べたい

はじめて西利新大阪店に行ったとき、京漬物寿司が目当てだったのに

親子丼に目移りしてしまいお寿司は食べなかったので、別の日に

また行ったのですが、その時はお寿司が売り切れでした・・・(どうやら

雨の日は駅構内で食べようとするお客さんが多いようで、店内も

いつもより混んでいました)。

 

今度こそ!と3回目の来店にしてついに食べることができました。

 

 

西利の京漬物寿司

以前は京漬物寿司点心という2000円くらいのメニューがあったのですが、

それはもう販売終了してしまったということで、普通の京漬物寿司セット1080円

にしました。

 

まずは白味噌仕立てのお味噌汁を。これ大好きなんです。

生麩がもっちりしていて、白味噌の濃厚な味に一滴のからしが

ちょうどいいアクセントで。

そして季節の京漬物寿司7貫。

旬のものを使うので食べる時期によって種類は異なるようです。

今回いただいたのは写真左上から時計回りに

・かぶら千枚漬け ・ナス ・白菜 ・赤かぶ

・みぶ菜 ・しば漬け ・長芋漬

です(多分)。

 

かぶら千枚漬けは、まるで熨斗袋のように茎をきゅっと

結んであるんです。職人技!

 

ナスはキュッという歯ごたえとともにジューシーな果汁(野汁?)が

口の中に広がります。

 

白菜はラブレ漬け?あっさり漬け?どっちか分かりませんが優しい

お味です。

 

赤かぶは色が全体のアクセントになっていて華やかですね。

 

みぶ菜はもともと好きなので安定のおいしさ。

 

しば漬け(で正解なのか自信がない)は実は生まれて初めて

食べたのですがどうやら食わず嫌いだったようです。

普通においしいです。

 

長芋がお漬物になってしかもお寿司になっている。

これが一番意外性がありました。

 

 

全体的に、お漬物の酸味と酢飯は全く違和感なく

マッチしていました。シャリが小ぶりなので、もう一品

何かおかずを追加しても女性でも完食できると思います

(しば漬けチーズボールなんて変わり種もあるんです)。

 

 

 

 


人気ブログランキング