BLOG

ブログ

「うわっ…私の文章、無駄多すぎ…?」わかりやすい文章を書くには

いろいろ

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

筆者は学生時代に塾講師のアルバイトをしていました。

そのとき担当していた生徒が口をそろえて言っていたのが、

国語のテストなんて、勉強しなくても良い点とれる」という言葉。

 

私は優しい優しい先生でしたので、その度に

そういうことは模試で全国1位の点数とってから言おうか^^

と言って黙らs・・・ご理解いただいていたのですが、

そんな生徒ほど、作文能力があまり高くなかったりします。

文を読むことはできても、文の構造を理解できていないので、

自分が書くとなると、おかしな文になってしまうようです。

 

 

文の構造には、主に3つの分類があります。

まず、もっともシンプルな形の文が「単文」です。

=================

(例文) 私は読書が好きです。

=================

1つの文章のなかに、述語が1つだけあります。

 

一方、1つの文章に2つ以上の述語がある文を

重文」または「複文」といいます。

 

特に複文のほうは、構造が複雑になりやすいため、

文の意味がわかりにくくなる原因になります。

 

今回は、重文と複文の違いについて説明します。

 

重文

重文とは、2つ以上の単文が並列に重なった文のことです。

====================

(例文) 頭が良くて、運動もできる。

====================

 

重文は、「単文+単文」の形に分割することができます。

===================

(例文) 頭が良い。運動もできる。

===================

 

また、分割した単文の前後を入れ替えても意味が変わりません。

===================

(例文) 運動ができて、頭も良い。

===================

 

このとき、2つの述語の関係は「対等である」といいます。

これが重文の基本的な条件です。

 

複文

2つの述語の関係が「対等である」といえる重文に対し、

2つの述語の関係が「対等でない」のが複文です。

複文は、分割した2つの文の前後を入れ替えることができません。

 

======================

(例文) 風邪を引いたので、薬を飲んだ。

======================

この文を2つに分割して前後を入れ替えると

「薬を飲んだので、風邪を引いた」となり、

文の意味が大きく変わってしまいます。

 

1つの単文のなかに単文が組み込まれているのも複文です。

=============================

(例文) 私がプレゼントに買ったのは新しい万年筆です。

=============================

この文にも「買った」と「万年筆です」という2つの述語があります。

では、この文の構造を図で確認してみましょう。

 

や、ややこC~。

 

この文の構造を言葉で説明すると、以下のようになります。

・「」と「買った」が主語・述語の関係である

・「買った」の後ろに「」がついて名詞化したことにより、

 「買ったの(は)」と「万年筆です」も主語・述語の関係になる

・「私が~買った」という主語・述語は、

 「万年筆です」にかかる主部のなかに含まれる

 

以上のことから、この文の主体をあらわす主語と述語は

買ったのは」と「万年筆です」であることがわかります。

文中の主語と述語の関係がきちんとつながっていないと、

読みにくくて内容がわかりにくい文になってしまいます。

 

こういう複文もあります。

=======================

(例文) 村上春樹が書く小説はおもしろい。

=======================

この文に含まれている述語は「書く」と「おもしろい」です。

それぞれ「村上春樹」と「小説」が主語になります。

そして、「(村上春樹が)書く」は「小説」を修飾しています。

 

 

複文を読みやすくするには、2つのコツがあります。

・1つの文中に使用する述語を少なくすること

 →文の構造がすっきりして読みやすくなる。

・修飾関係にある単語同士の位置を近付けること

 →修飾・被修飾の単語がわかりやすくなる。

 

 

「自分の書く文章に自信がない・・・」という方は、

このコツを意識して文章を見直してみてください^^

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村