BLOG

ブログ

推しの一瞬一瞬を見逃したくない。そんなアナタに“オペラグラス”

2.5次元へ愛をこめて

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

今回は2.5次元カテゴリを充実すべく、オペラグラスの話をします。

オペラグラスとは、観劇用の小型双眼鏡のこと。

双眼鏡って呼んでもいいけど、カタカナのほうがカッコイイじゃん!

気分がアガるじゃん!(※個人差があります)

 

良いオペラグラスを手に入れるためには、性能の比較が欠かせません。

というわけで、仕様表で注目すべき項目を簡単にご紹介します。

 

オペラグラスの基本性能

ひとまず以下の5項目はチェックしておきましょう。

 

・倍率

数字が大きくなるほど、遠くの物が近くにあるように見えます。

たとえば100m先にある物をオペラグラスで観測する場合、

倍率10倍は10m先に、倍率8倍は12.5m先の距離になります。

・明るさ

「対物レンズ有効径÷倍率」の数値で表す『ひとみ径』と、

ひとみ径の2乗で表す『明るさ』という2つの指標があります。

倍率が低く、有効径が大きいほど明るく見えます。

・実視界

オペラグラスを動かさずに観測できる範囲を、

対物レンズの中心から計測した角度のことをいいます。

・見かけ視界

双眼鏡を覗いたときの視野の広がりを表す角度です。

数字が大きければ大きいほど画角がワイドになります。

・重さ

当然ながら、長時間使用すると手が疲れてブレが発生します。

個人差の出る部分ですが、200g以下のモデルが人気のようです。

 

ほかには「アイレリーフ」「最短合焦距離」などがあります。

 

オペラグラスとは観劇の良き相棒である

ちなみにライターV3が使用しているのはコチラ↓

ACULON T01 8×21

・倍率:8倍

・対物レンズ有効径:21mm

・ひとみ径:2.6mm

・明るさ:6.8

・実視界:6.3°

・見かけ視界:47.5°

・重さ:195g

(公式ホームページの仕様表より一部抜粋)

 

5000円前後の安価なモデルですが、性能は可もなく不可もなし。

「視界がちょっと狭いかな?」というくらいです。

買い換えるなら実視界7°以上で、もう少し軽いモデルですね。

 

性能はもちろん、予算や見た目も重要なポイントです。

オペラグラスは必ず持参すべきアイテムではありませんが、

「推しの輝きを目に焼き付けたい」という方は必携です。

自分にぴったりのオペラグラスをぜひ探してみてください!

 

 


人気ブログランキング