BLOG

ブログ

東京の悪評を覆せるか? AiiA 2.5 Theater Kobeに行ってきた

2.5次元へ愛をこめて

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

筆者は先日AiiA 2.5 Theater Kobeに行ってまいりました。

 

https://aiia-theater.com/

 

その名の通り、2.5次元ミュージカル専門の劇場です。

東京都渋谷区のAiiA 2.5 Theater Tokyo(昨年末閉館)に次ぐ、

新たな2.5次元の聖地として注目されています。

 

しかし、AiiA 2.5 Theater Tokyoは

「椅子が硬い」「座席が狭い」「トイレがプレハブ」

「空調が寒すぎる」「防音できてない」「虫が飛んでる」

など、劣悪な環境がSNSで話題になっていました。

そのため、「神戸はどうなの?」という不安の声も・・・。

 

そこで、筆者が行ってみて感じたことをまとめてみました。

以下、AiiA 2.5 Theater Tokyoを「アイア東京」、

AiiA 2.5 Theater Kobeを「アイア神戸」と表記します。

 

立地について

アイア神戸は新神戸駅直結の商業施設

「コトノハコ神戸」の2Fにあります。

 

なぜか「閉鎖」になっていますが、営業中ですのでご安心を。

 

新神戸駅の改札はコトノハコ神戸の地下3Fにあるので、

エレベーターを使って上がっていくとよいでしょう。

2019年8月現在、コトノハコ神戸が改装中のため、

筆者は「本当にオープンしてるのか?」と

不安になりながら劇場に向かいました(笑)

 

アイア東京は駅からかなり離れた場所にあったのですが、

開演ギリギリに駅に着いてもなんとか間に合いそうです。

劇場のハシゴをしたい観劇オタクには優しい立地ですね。

同じ建物内に飲食店があるのも嬉しいポイントです。

 

劇場内の設備について

アイア神戸の前身は「神戸オリエンタル劇場」です。

なので、防音面などは心配していなかったのですが・・・。

 

・座席が狭い

奥の座席に行きたいときに、すでに座っている方に

立ってもらわないといけないほど、前後の間隔が狭いです。

脚の長い人だと膝がつっかえちゃうかもしれません。

 

狭い所に入って喜ぶのはネコチャンだけです。

 

・前後の高低差が少ない

劇場の座席は映画館のように階段状になっているのですが、

その高低差が少ないので、前の人の頭に視界を遮られます。

座高の高い人が座ったらもうアウトだと思います。

 

・緞帳が薄い

筆者が一番衝撃を受けたのが、緞帳(舞台幕)の薄さ。

外側から照明を当てて見えないようにしていましたが、

照明が消えると、向こう側が普通に透けて見えます。

なので、転換のときに結構大きな音が聞こえていました。

 

その他

・トレーディングエリアがある

一部の公演グッズは、もはやランダム仕様が当たり前。

そういうときは劇場前で交換しあったりするのですが、

そのためのエリアがあらかじめ設けられています!

一般客を気にしなくていいのはとても助かります。

(たまに、わざとぶつかってくる輩もいるので・・・)

 

・AiiA 2.5 Theater Kobe CAFEが併設されている

こちらのカフェでは舞台とのコラボが行なわれています。

過去には『魍魎の匣』『銀河 -流れ星 銀-』との

コラボが行なわれ、店内には出演者のサインもあります!

 

 

総評:微妙なところもあるけど、良いところもたくさんあるよ

 

 

設備面では残念な部分もありましたが、

“2.5次元ならでは”の施設になっているなと感じました!

現場からは以上です!

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村