BLOG

ブログ

【続編熱望】舞台『文豪とアルケミスト 余計者ノ挽歌(エレジー)』

2.5次元へ愛をこめて

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

先日、舞台『文豪とアルケミスト 余計者ノ挽歌(エレジー)』を観劇しました。

オープニングから泣いた~。超良かった~。(溶ける語彙力)

 

 

===================================

あらすじ

文学作品を守るためにこの世に再び転生した文豪たち。

親友たちとの再会、そして前世ではありえなかった出会いに

喜ぶのもつかの間、太宰のあこがれの人、芥川龍之介の作品が侵蝕される。

芥川先生の作品は俺が守る!と意気込み、

仲間を引き連れ潜書する太宰だったが――。

舞台「文豪とアルケミスト 余計者ノ挽歌」公式サイト

===================================

「侵蝕?潜書?」「なんで文豪が戦うんや」と疑問に思うかもしれませんが、

まあ、なんといいますか、そういう世界観なんだと思っておいてください。

 

キャラクターの個性があらわれる戦闘シーン

『文豪とアルケミスト』は、DMM.comで配信されているゲームです。

『文豪とアルケミスト 余計者ノ挽歌』はそれを原作とした舞台です。

(以下、ゲームを「文アル」、舞台を「文劇」と表記します)

 

文アルは文豪がそれぞれの武器を手に敵と戦うゲームですので、

文劇でも当然戦闘シーンがあるのですが、その殺陣がカッコイイ!

使用する武器も刀や鎌、斧、双剣、クナイ、鞭、銃とさまざまなので、

違う動きをつけなければならず、稽古が大変だったのではないかと思います。

 

そもそもゲームでは静止画のみなので、

動いてしゃべっているところを見ただけで私は泣きました。

 

「推し(役者)が推し(キャラ)」という奇跡

筆者は元々近代文学作品が好きで、文アルもプレイしていました。

文豪としての「推し」も、キャラクターとしての「推し」もいます。

さらに舞台化となると、役者としての「推し」も加わることになります。

 

結論:目が足りない

 

終演後、流れるように円盤(※)予約の列に並んでいましたとさ……。

※円盤:DVDやBlu-rayのこと。公演によって両方発売されたり、されなかったりする。

 

早くも襲い来る「文劇ロス」の日々

勢いで円盤を予約したものの、手元に届くのは8月末。

半年後にBlu-rayが届くまで、動画で寂しさを紛らす日が続きそうです。

 

▲推しの尺が長めのゲネプロ動画。控えめにいって最高。編集者に感謝感謝、圧倒的感謝。

 

 


人気ブログランキング