BLOG

ブログ

えっ、この人も?テニミュ出身の意外な俳優さん

2.5次元へ愛をこめて

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

今回は、テニミュ出身の意外な俳優さんをご紹介します!

ブログのネタがないとかそういうことではないです!決して!

 

エントリーNo.1 斎藤工

テニミュ界の意外性ナンバーワンといえばこの人、斎藤工

1stシーズンで“千の技を持つ天才”忍足侑士を演じていました。

音楽活動もされており、美声は誰もが認めるところですが、

彼のダンスは当時「盆踊り」と呼ばれていました。

意味はお察しください。

 

エントリーNo.2 城田優

『エリザベート』『ロミオ&ジュリエット』『ファントム』など、

数々の名作ミュージカルに出演している城田優は、

主人公が所属するテニス部の部長、手塚国光を演じていました。

厳格な性格のキャラクターと、本人のユニークさのギャップが魅力的で、

筆者がテニミュにハマり始めた当時は彼が一番好きでした。

どこに行こうというのかね。

 

エントリーNo.3 志尊淳

朝ドラ『半分、青い。 』や『Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜』、

映画『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』など、

数々の作品に出演している志尊淳も、テニミュ出身の俳優。

アクロバットが得意な向日岳人というキャラクターを演じています。

当時から顔がほぼ変わってないのがすごいですね・・・。

 

エントリーNo.4 小林豊

選手兼マネージャーを務めるデータマン、観月はじめを演じた小林豊は、

名古屋のご当地アイドルグループBOYS AND MENのメンバー。

昨年末に放送された『アメトーーク!』の特番では、

「運動神経悪い芸人」のコーナーに出演されていました。

彼は(彼も?)運動神経がめちゃくちゃ悪いことで知られており、

3歩歩いて片足をくじき、さらに3歩歩いてもう片方の足もくじいた

という運動音痴の筆者もビックリのエピソードがあります。

 

 

 

ほかにも瀬戸康史とか和田正人とか小関裕太とか

たくさん紹介したいのですが、ページが縦長になってしまうので、

このあたりで終わりにしたいと思います!!

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村