BLOG

ブログ

悪名高き“生きる伝説”、コナー・マクレガー。

伝説の格闘家列伝

みなさんこんにちは!

大阪市・越谷市のウェブ制作会社エンジョイワークスです。

 

在宅時間が増えるのに合わせて先日ネットフリックスを契約し、

とある格闘家のドキュメンタリー映画を観ました。

 

 

 

 

 

 

Conor “The Notorious”McGregor
(日本語表記はコナー・マクレガー)
その人であります。

 

 

 

歴史上の名選手ではなく、現役バリバリにして、すでに伝説となった男です。

なにがどうスゴいのか、足早に解説いたします!!

 

 

 

 

 

 

 

コナー・マクレガーについて

 

ウィキペディアより

 

コナー・マクレガーは1988年生まれ・アイルランド出身です。

幼い頃はサッカー選手を目指していたそうですが、自衛のために始めた格闘技で

才能を発揮し、プロの格闘家としてキャリアをスタートしました。

 

 

 

生活保護を受けるようなギリギリの状況から、世界最大の総合格闘技団体UFCにおける

史上初の二階級同時制覇を成し遂げるまでに成り上がり、

エキサイティングなファイトスタイルや歯に衣着せぬ言動、

そして端正な容姿で絶大な人気を誇る、トップ中のトップ選手です。

 

 

 

個人的に最も興味深いのが彼のファイトスタイルで、

半身で素早く出入りしながら回し蹴りやストレートを放つその姿は

往年のブルース・リーを彷彿とさせます。

一方で練習中はヒクソン・グレイシーを思わせる動きも見られ、

話題性だけでなく、いやそれ以上に格闘技を究明する姿勢に心を打たれます。

 

 

 

 

・・・すでに600字超え。

それぐらいマクレガーは革命的で規格外の選手なのです。

最後に、彼の数々の偉業のなかでも特に出色な2つの伝説をご紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

“The Notorius”伝説その1:十年間無敗の絶対王者を一発で仕留める

 

地元イギリスの団体で2階級制覇を果たしたマクレガーは、

念願叶ってUFCとの契約を実現します。

ビッグマウスで吠えまくるだけじゃなく、

試合内容も観客の心を奪うド派手なファイトで、すぐさま人気者に。

 

 

 

デビュー以来破竹の6連勝を飾ると、7戦目で正規王者に手をかけます。

相手は十年間無敗を誇るブラジルの絶対王者、ジョゼ・アルド。

直前の試合で死闘を繰り広げたマクレガー、さすがにアルドは厳しいのではないか…

 

 

 

と思ったら。最初に当てた左フックでそのままKO。

UFCのタイトルマッチ史上最短の13秒でアルドの栄華を奪い去ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“The Notorius”伝説その2:生涯無敗ボクシング王者にボクシングで善戦

 

名実ともに世界一の総合格闘家へのし上がったマクレガー。

2017年には、競技の枠を超えて世紀のビッグマッチを実現させます。

ボクシングで生涯無敗を継続していたフロイド・メイウェザー・ジュニアとの一戦です。

マクレガー自身、もともとはボクシングから格闘技を始めたとはいえ、プロとしての実績はなし。

プロデビュー戦が世界最強の男なわけですから、開催前の前評判は

「1発も当てられないだろう」「無様な姿を見たくない」「きっと殺される」

など、散々なものでした。

 

 

では、試合はどうなったか。

 

 

 

負けました。

しかし、驚異的な善戦を見せて。

 

 

 

不規則かつスピーディーな動きでメイウェザーの鉄壁ディフェンスをかいくぐり、

序盤はペースを掌握、いいパンチも当てました。

最後はガス欠になったところを的確に詰められレフェリーストップが下されましたが、

識者たちは手のひらを返してマクレガーの健闘を称えています。

 

 

この一戦のファイトマネーを含め、彼は年間のスポーツ選手長者番付に4位でランクイン。

TIME誌の「世界で最も影響力がある100人」にも選出されるなど、

その名声をさらに高めたのです。

 

 

 

 

 

「勝ちまくって稼ぎまくる。それの何が悪い?」

 

正直なところ、品行方正で模範とすべき一流アスリートではないのかも知れません。

乱闘騒ぎはしょっちゅう起こすし、実際に刑事事件に発展したトラブルもあります。

しかし、映画で映し出された彼の日常は、華やかな暮らしぶりの裏側にある壮絶な努力と、

「自分らしく生きてやる」という使命感によって支えられていることがわかり、

ますます人間・コナー・マクレガーのファンになってしまいました。

ときおり見せる人懐っこい笑顔が、彼の純粋さを示しています。

 

 

 

 

 

裁判や社会奉仕活動を終え、1年9月ぶりの復帰戦では、

前代未聞の“肩パンチ連打”による秒殺劇を見せつけたコナー・マクレガー。

(該当シーンは1:40ごろ~)

その身体は、きっとすでに満身創痍のはずです。

それでも、さらなる高みを目指して戦い続ける彼の雄姿を、最後まで見届けたいと思います!!