たぎってきたぜ!中邑真輔選手の大活躍から触れるプロレスの魅力

伝説の格闘家列伝

 

 

イヤァオ!!!! 

 

 

みなさんこんにちは、大阪市と越谷市のWEB制作会社エンジョイワークスです。

 

さて、以前ご紹介したメジャーリーグの大谷翔平選手に象徴される、

日本人アスリートの海外での活躍。

テニスなら錦織圭選手、卓球なら張本智和選手

ほかにも水泳、フィギュアスケートなど、

海外産のスポーツでありながら世界を股にかけて

席巻するアスリートがどんどん輩出されてますよね。

 

とはいえ、正直言っちゃいますと、その競技の世界にあんまり詳しくないと、

「どのぐらいスゴイの?」っていうのが

なかなか分かりにくいケースもあるんじゃないでしょうか?

この前のヴィッセル神戸に世界的MFアンドレス・イニエスタ選手が加入することとなり、

サッカーに詳しくない人に向けて

いかにその凄まじさを伝えるかが一種の大喜利大会になってました。

 

 

という前フリのもと、こちらの動画をご覧ください。

(できれば音付きで)

 

 

 

 

 

百聞は一見にしかず_

ご覧のとおり、えらいこっちゃですわ、みなさん。

 

 

説明しよう!Shinsuke Nakamura = 中邑真輔さんとは!?

 

 

…を説明できるほど、詳しくはないのです。すみません。。。

というのも格闘技は熱心に観てきたのですが、

プロレスはたまに深夜の放送を流していたぐらいのもので、

有名な選手のお名前なら一通り…くらいの知識でした。

中邑真輔選手も、個人的には

アレクセイ・イグナショフにリベンジを果たした、総合も強い一流プロレスラー

くらいの認識しかなかったのですが、あの動画だけで、なんだかもう色々と察しました。

 

スンンンゴイことになってますな!!

 

 

そのまえに…WWE is what ??

 

 

えーと、ここも手前のザックリ知識で申し訳ありませんが、

要はプロレスにおけるメジャーリーグであり、リーガ・エスパニョーラであります。

つまりプロレス界における世界最高峰の舞台、そこで中邑選手は、

入場シーンを観客から大合唱されるほどの人気を集めているということになります。

(ちなみにWWEは「World Wrestling Entertainment」の略)

 

 

プロレス NOT 八百長 BUT ファイトショー!!

ところで、世間ではプロレスについてこう思っている方もいるのではないでしょうか。

 

「プロレスなんて八百長だろ?あんなに技をまともに受けて生きてるわけねーじゃん(笑)」

「台本にそってやってるだけでしょ?やっぱガチの格闘技じゃないと興味もてないわ(笑)」

 

…白状します。程度の差こそあれ、

格闘技と比較して若干下にみていた時期が私にもありました…。

しかし少なくともシンスケ・ナカムラ選手を通して垣間みえるWWEの試合の光景、

そして観客の反応を目の当たりにすれば、きっとそんな考えは吹っ飛ぶことでしょう。

 

 

 

いかに観客を喜ばせるかが徹底して追求され、

選手の徹底した安全への配慮とプロ意識があるからこそ成り立つ、

極めて複雑かつハイレベルなエンターテインメント・ファイティングショー、

それがプロレスなのだということを身をもって知るはずです。

 

 

相手のすべての技を受けきり、魅力を引き出し尽くした上で自分が上回る。

そんな壮絶なファイトをつくりあげるからこそ観客は熱狂し、興行として発展する。

確かに「スポーツ」とは言い切れないかもしれませんが、サーカスともまた違う、

中邑選手曰く「プロレスはプロレス」という言葉に表される独自の世界があるのです。

(ちなみにWWEは「World Wrestling Entertainment」の略)

 

 

なお、あまり詳しくはないけど、より深いレベルで楽しみたい

という方にオススメなのは、邪道ながらニコニコ動画です。

試合動画がフルでアップされていること自体はグレーゾーンかもしれませんが、

その道に詳しい有識者によるコメントを読みながらの観戦は新鮮味があります。

そして、技をかける側もかけられる側も、

いかに工夫しながら観客を喜ばせようとしているか、

わかりやすく教えてもらえる時があり、勉強になりますよ(?)。

 

 

 

中邑選手の今後益々のご活躍を、

心よりご期待申し上げます!!

 

 

 

 

 


人気ブログランキング